共同通信PRワイヤー

Systech International
Systech Europe(TM)が顧客ベースの拡大とFMD適合支援の医薬品シリアル化パートナーを発表

AsiaNet 71855 (0091)

【ブリュッセル2018年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】シリアル化、トラック&トレース、ブランド保護の世界的な技術リーダーであるSystech International(http://www.systechone.com/ )は2017年、フランス、ドイツ、ギリシャ、トルコ、フィンランドで新たな顧客を獲得して欧州でのプレゼンスを50%拡大した。

同社はまた、偽造医薬品対策指令(FMD)に適合するシリアル化製品の業界標準であるSystech UniSeries(TM)(http://www.systechone.com/solutions/serialization/uniseries/ )による統合ターンキーソリューションと同社のトラック&トレース・偽造防止技術を提供する世界的ネットワークに新たなAuthorized Solution Partners(正規ソリューションパートナー)を加えた。

Systechは世界初のシリアル化・集約プロジェクトを10年前から欧州で展開し、今では世界の製薬企業上位20社のうち19社のシリアル化を実施している。業界で30年の経験があるSystechは画像、シリアル化作業、数量管理を含む受賞歴のある設定可能なソフトウエア技術を利用し、多国籍企業、地域的メーカー、受託生産・受託包装組織(CMO/CPO)を含む大小の製薬企業に対する迅速で費用効果の高いシリアル化ソリューションの提供を確実にしている。

Systechのアラステア・テーラー(https://www.linkedin.com/in/alastair-taylor-5a5a737/ )欧州販売ディレクターは「当社は、顧客が効率的かつ最小限の混乱で2019年2月のFMD期限に間に合い、規制順守を維持できるよう支援している。われわれは包装設備(OEM)を問わないソリューションでソフトウエアとサービスを提供し、いかなるパートナー、新旧のいかなる包装ラインにも対応できる」と語った。

Systechの販売・統合パートナーであるServicepoint Oy(http://servicepoint.fi/ )は、フィンランドで北欧の大手点眼薬メーカーであるSanten Pharmaceutical向けにSystechのシリアル化ソリューションを実装している。これには、やはりSystechのパートナーであるInno4Life(https://www.inno4life.com/en/home )の包装機器に組み込んだシリアル化ソフトウエアが含まれる。

Santenのマッティ・ロセングレン欧州中東アフリカ製造担当副社長は「Servicepointは当社の予算と予定表の枠内でこの夏までにSystechの設定済みシリアル化モジュールを迅速に供給し、当社は能率的な設備配置と認証プロセスの恩恵を受けられるだろう」と述べた。

Servicepointのペッカ・ホフレン最高経営責任者(CEO)は「Servicepointはコンサルティング、設計、構築、設置、試験、維持管理を含む医薬品包装ラインの一貫統合シリアル化ソリューションを提供できる数少ない欧州のサプライヤーの1社である」と語った。

▽Systech Internationalについて
Systech(http://www.systechone.com/ )は迅速な規制順守を提供し、35カ国で4000件以上のソフトウエアを実装してきた。Global Authorized Solution Partners(グローバル正規ソリューションパートナー)は、企業が所在国と輸出先の規制に適合するよういつでも支援できる。Systechとそのパートナーのネットワークはシリアル化ソリューション、データ通信の促進、全体的なプロジェクトリスク低減のしっかりした統合を保証する。

▽問い合わせ先
Systech International
Stacey Owens-Perrotta
Tel:  +1-609-235-3639
stacey.owens-perrotta@SystechOne.com

ソース:Systech International

2018-01-12 16:03掲載
2018-01-12 16:03更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から