共同通信PRワイヤー

Tanla Solutions Limited
Tanla Solutionsがインドの大手電気通信会社を不正な国際SMS取引から守る

AsiaNet 71848 (0092)

【ハイデラバード(インド)2018年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】世界最大のクラウドコミュニケーション・プロバイダーの1つで、年間900億件超のビジネスコミュニケーションを処理しているTanla Solutionsは、インドの大手携帯電話会社との国際長距離SMSハブの商業展開を発表した。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/627459/Tanla_Solutions_Logo.jpg

このハブは利益に富む統合された規制対応のプラットフォームで、国際SMSを収益化するため、Tanlaによって開発され、記録的な速さで配備され、管理される。このプラットフォームは、電気通信会社(telco)のネットワークに配置された中央集中型ハブへの単一の接続を介して包括的なSMSファイアウオール、キャリッジ、ターミネーションサービスを提供する。

Tanlaの次世代SMSプラットフォームは、クラス最高の電気通信ネットワークに支えられており、スピーディーなメッセージ配信により顧客体験を大幅に向上させる。同プラットフォームの知能により、OTPのような時間的制約のあるメッセージの配信の優先順位付けが保証され、その結果、トランザクションやユーザー獲得のコンバージョン率が何倍にも拡大する。

Tanla CMDのウダイ・レディ氏は「国際長距離ハブを導入、展開することにより、TanlaとパートナーのTelcoは共に協力し、費用対効果の高い、配信効率の良いサービスエコシステムのビジネスを実現させ、その結果、企業にとってはより高い価値を、モバイル加入契約者には豊かな経験を生み出している」と語った。

国際長距離SMSハブはTanlaとTelcoの市場ポジショニングをさらに強化し、ネットワークリソースを最適化し、インドに配信される国際SMSトラフィックから追加の収益を生み出すことが期待されている。

▽Tanlaについて
Tanlaは、インドのハイデラバードに本拠を置くモバイルメッセージングの専門家らの小グループとともに世界クラスのメッセージングサービスを構築するため、新しいミレニアム(千年紀)が始まる際に同社の行路を開始した。

Tanlaは今日、最大のクラウドコミュニケーション・プロバイダーの1つとしてこの領域におけるグローバルリーダーであり、年間900億件超のビジネスコミュニケーションを処理している。

Tanlaは、世界がコミュニケートする方法を革新し、クラウドコミュニケーション・ソリューションの高速化、平易化、簡素化を通じて継続的にその水準を引き上げ、あらゆる地域の企業からキャリアまでのさまざまな顧客の厳しいニーズを満たす最先端の技術を採用している。

Tanlaは主要なインドの証券取引所に上場している株式公開企業である(BSE CODE: 532790 and NSE: TANLA)。

ソース:Tanla Solutions Limited

2018-01-12 15:52掲載
2018-01-12 15:52更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から