共同通信PRワイヤー

ファーウェイ(Huawei)
ファーウェイがMicrosoft Azure Stack向けハイブリッド・クラウドソリューションを公開

AsiaNet 73984 (1057)

【ハノーバー(ドイツ)2018年6月14日PR Newswire=共同通信JBN】
CEBIT 2018で、ファーウェイ(Huawei、華為技術)はMicrosoft Azure Stack向けのハイブリッド・クラウドソリューションを公開した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180613/2162381-1
キャプション:ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループのマーケティング&ソリューション販売部門プレジデントであるリュー・チー氏(左)、ファーウェイのITサーバー製品ライン担当プレジデントであるチョウ・ロン氏(右)、マイクロソフトのAzure Stack Infrastructureのパートナーディレクターであるビジャイ・テワリ氏(中央)がMicrosoft Azure Stack向けのファーウェイ・ハイブリッド・クラウドソリューションをリリース

ファーウェイのITサーバー製品ライン担当プレジデントであるチョウ・ロン氏は「エンタープライズ・デジタルトランスフォーメーションは深化の度合いを拡大し、多くの業界に関与している。サービス・ワークロードは大幅に多様化し、これまで以上に速い変化を伴っている。これらの要因によって、より高いコンピューティング効率とアジリティーがコンピューティング業界イノベーションの新しいけん引役を担うことになった。ファーウェイが今回公開したMicrosoft Azure Stack向けのハイブリッド・クラウドソリューションは、プライベートおよびパブリック・クラウド・アーキテクチャーにおける相違によって生じる問題を解決し、パブリックおよびプライベート・クラウド間のコンピューティング効率とアジリティーを大幅に向上させる。ファーウェイは今後も業界パートナーと協力してハイブリッド・クラウド効率およびアジリティーを一貫して向上させ、われわれの顧客がIoT、ビッグデータ、人工知能などのさまざまなワークロードに対処するためのコンピューティングおよび規制要件を満たすことを支援できる革新的なソリューションを顧客に提供していく。われわれは協力して、顧客がデジタルトランスフォーメーションを加速できることを支援する」と語った。

Microsoft Azure Stack向けのファーウェイのハイブリッド・クラウドソリューションはAzureパブリック・クラウドと同じアプリケーションモデル、セルフサービス・ポータル、APIを提供する。Azureが誇る豊富なリソースおよび革新的サービスをオンプレミス展開できることで、このソリューションはローカルAzure StackとAzureとの一貫性を保証する。これはデータ主権、レイテンシー、コネクティビティーから生じる顧客の課題対処に役立ち、一般的にはデジタルトランスフォーメーション・プロジェクトに有用である。このソリューションはファーウェイの堅ろうなFusionServer V5サーバーおよびCloudEngineスイッチに基づく安定したハードウエア・プラットフォームを提供する。インテル(R)Xeon(R)スケーラブル・プロセッサーによって駆動されるFusionServerは、最大16のデータドライブをサポートする。ファーウェイの高性能NVMe SSDは特大の容量を提供する。これらの機能はFusionServerがシステム全体の性能向上を可能にする。

CloudEngineはシンプルなO&Mのために、より少ないコネクター、ケーブル、ポートによる低レイテンシー、ヒットレス、ワンコネクション展開を提供する。このソリューションは、サーバーおよびスイッチの効率に優れた統合管理のためにファーウェイのeSightも搭載している。ファーウェイのFDMシステムはCPU、メモリー、PCIeカードの不良をインテリジェントかつ自動的に診断、分析し、より効率的なO&Mのための対処方法を提供する。

Microsoft Azure Stack向けのハイブリッド・クラウドソリューションは業界の門戸を開く準備が整っている。顧客は業界大手から集合知を獲得することができる。マイクロソフトのソフトウエアは顧客のハイブリッド・クラウド・ポリシーを強化するため、顧客はデータ主権とコンプライアンス・ポリシーを順守しながら、クラウド・テクノロジーの柔軟性を獲得できる。ファーウェイの性能およびコンピューティング管理における実績は、企業をよりアジャイルかつ効率的にする。

Microsoft Azure Stack向けのファーウェイのハイブリッド・クラウドソリューションはデジタルトランスフォーメーションを加速することができる。詳細はウェブサイトhttp://bit.ly/2JBR2si を参照。

ソース:Huawei


2018-06-14 17:06掲載
2018-06-14 17:06更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から