共同通信PRワイヤー

HiNounou
HiNounouがAXA Partners China、PingAnと中国初の高齢者特化型保険をRISEで発表

AsiaNet 74352 (1218)

【香港2018年7月12日PR Newswire=共同通信JBN】HiNounou Intelligent Robot (Shanghai) Company Ltd.は、AXA Partners ChinaとPingAnが提供する中国の高齢者に特化した初の手頃な価格の「サービスとしての保険」をホストするウェルネスプラットフォームとエコシステムを立ち上げる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180710/2183315-1
(HiNounou ヘルスケア・キット)

HiNounou Intelligent Robot (Shanghai) Company Ltd.は、世界の高齢者が自宅でより長く、より健康的で、より幸せに暮らせるようにすることを使命とするコネクテッドなヘルスケアとインテリジェント・データプラットフォームの企業である。HiNounouのプラットフォームとエコシステムはAI(人工知能)、IoT(インターネット・オブ・シングス)、ブロックチェーン、ゲノミクスを活用しており、病歴にかかわらず、AXA Partners ChinaとPing Anによる初の中国の高齢者に特化した「サービスとしての保険」製品を提供する。

現在、中国の高齢者の平均寿命は75歳だが、平均健康寿命は68歳である。つまり、7年間は不健康のまま過ごし、高齢者本人とその家族に大きな財政負担が生じ、医療費の50%以上が個人負担となっている。

慢性疾患の80%は健康的な生活習慣の選択で緩和することができる。慢性疾患は全世界の死因の63%を占めるが、保健システムはそれに適さず、病気の予防よりも治療を前提につくられている。モニタリングと予防措置の欠如はまた、タイムリーで効果的なケアの欠如をもたらす。さらに、高齢者のための介護者と高齢者施設の不足は深刻で、自宅で年を重ねることが孤独と困難さを経験することと同義になっている。

HiNounouは、4カ国のノーベル賞受賞者のいる4つの大学病院で12年間にわたり研究開発を重ねた後、高齢者のためのサービスソリューションとしての包括的ヘルスケアを考案した。

HiNounouのウェルネスプラットフォームとエコシステムは、100歳までのサービスとして、中国ナンバーワンの保険会社PingAnが提供する審査なしの事故・死亡保険の利用を可能にしている。

年中無休の医療従事者への電話相談ホットラインは、世界をリードする保険会社AXAと提携することで、AXA Partners Chinaのチームを通じて提供される。

HiNounouの共同創業者チャールズ・バーク氏は、HiNounouの夢を共有することに興奮しており、「これは、遠方で暮らす高齢の母の世話をしたいという私の夢だ。中国本土、シンガポール、香港を手始めに、HiNounouは高齢者を力づけ、家族に心の平穏を与える包括的ヘルスケアソリューションを提供する。保険の世界的リーダーの2社であるAXA Partners ChinaとPingAnとの提携で、高齢者が手頃な価格のヘルスケアと適切な保険を利用できるようになった」と語った。

AXA Partners Asiaのジェローム・イティ地域最高経営責任者(CEO)は「AXA Partners Chinaは、中国、香港、シンガポールにおけるHiNounouとの提携を非常に誇りに思っている。同時にわれわれは、高齢者に利用しやすく、手頃な価格の健康保険を提供できるよう見直しを重ねている。技術とデータには、予防を改善し、われわれのヘルスケアエコシステムの効率を最適化する力がある」と語った。

詳細はhttps://hinounou.prezly.com/ を参照。

▽メディア問い合わせ先
HINOUNOU INTELLIGENT ROBOT COMPANY
Leesa Soulodre
Leesa@hinounou.com
+65-81862155

Danying (Helene) Zhu
Helene@hinounou.com
+86-159-0055-9629

HiNounouは7月10日から12日までRISEの会場で、11日にはG109スタンドのGROWTHプラットフォームでインタビューや展示を行う。
インタビュー枠の確認は、Leesa@hinounou.com に電子メールを。

AXA PARTNERS CHINA
Thibault Demoures
Thibault.Demoures@partners.axa
+852-5508-8020

ソース:HiNounou

2018-07-12 17:38掲載
2018-07-12 17:38更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から