社説

電通事件初公判 悲劇繰り返さぬ改革を

 女性新入社員の過労自殺を巡る違法残業事件で、法人として労働基準法違反の罪に問われた広告大手「電通」の初公判が東京簡裁で開かれた。過労死や過労自殺が後を絶たない中、事件は働き方改革を加速させるきっかけとなり、検察が略式起訴―罰金の手続きを取ったのに対し、簡裁はこれを不相当として正式裁判で審理すると決めた。

 出廷した電通の山本敏博社長は起訴内容を認め「尊い命が失われたことを心より申し訳なく思う。二度と繰り返さないことが私の最大の責務」と述べた。検察側は電通が労働基準監督署から是正勧告を受けても抜本改革をしなかったとし、罰金50万円を求刑。公判は即日結審した。

 電通事件を受けて大手企業が相次いで長時間労働の解消に動きだし、政府は臨時国会に向け、残業の上限時間を初めて罰則付きで明記した働き方改革関連法案を「最重要法案」と位置付けた。だが、安倍晋三首相が衆院解散の意向を固めたことで法案提出は先送りされ、当初2019年4月施行とされた残業規制導入が遅れる可能性も指摘されている。

 企業の多くは厳しい競争と人手不足にさらされている。国と企業には事件を風化させず、働く人の健康と命を守り、悲劇を繰り返さない改革が求められる。

 電通では1991年にも男性社員が過労自殺した。両親は損害賠償請求訴訟を起こし、最高裁は00年「使用者は労働者の心身の健康を損なわないよう注意する義務を負う」との判断を示した。訴訟をきっかけに自殺を労災認定する要件が緩和され、14年に過労死などの防止を国の責務とする過労死防止法が施行された。

 その後も電通は違法残業で労基署から繰り返し是正勧告を受けたが、15年12月に新入社員の高橋まつりさんが過労自殺した。うつ病発症の1カ月前の残業が月105時間だったとして労災認定され、検察は起訴状で電通が高橋さんら社員4人に違法な時間外労働をさせたとした。

 厚生労働省のまとめによると、仕事が原因でうつ病などの精神疾患にかかり、16年度に労災認定されたのは498件。83年度の調査開始以来、最も多かった。うち過労自殺は高橋さんのケースも含め84件、過労死は107件を数えた。県内五つの労基署による16年度の監督指導では、対象371事業場のうち122事業場で違法な時間外労働が確認された。

 政府は働き方改革関連法案で、残業時間の上限を原則「月45時間、年360時間」と定め、繁忙時の例外を「月100時間未満、年720時間」として、違反の罰則も盛り込む。非正規労働者の待遇改善に向けては「同一労働同一賃金」の実現を期す。ただ医師や運送業などは残業規制の適用を猶予。高所得の一部専門職を労働時間規制から除外する高度プロフェッショナル制度の新設や裁量労働制の拡大も法案に一本化する方針だ。

 野党や労働組合は「過労死が増えてしまう」と反発。過労死遺族らは法案提出の先送りに「命に関わる問題を先延ばしにしている」と批判を強めている。一本化によって今後の議論が紛糾すれば、働き方改革全体が滞りかねない。少なくとも残業規制の導入は法案から切り離し、早期実現を目指したい。

(2017/09/23付)
最新7日分を掲載します。
  • 9月23日
  • 電通事件初公判 悲劇繰り返さぬ改革を

     女性新入社員の過労自殺を巡る違法残業事件で、法人として労働基準法違反の罪に問われた広告大手「電通」の初公判が東京簡裁で開かれた。過労死や過労自殺が後を絶たない中、事件は働き方改革を加速させるきっかけとなり、検察が略式起訴―罰金の手続きを取ったのに対し、簡裁はこれを不相当として正式裁判で審理すると決めた。[全文を読む]

  • 9月22日
  • 東芝の子会社売却 課題山積、将来像見えぬ

     戦後間もない頃、経営不振と労働争議に揺れていた東芝の社長に迎えられ再建を果たしたのが、後に「財界総理」とも呼ばれた石坂泰三である。[全文を読む]

  • 9月21日
  • 基準地価 地方圏の活力高めたい

     国土交通省が発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)は、三大都市圏と中核的な地方4市(札幌、仙台、広島、福岡)の商業地がいずれも5年連続でアップした。住宅地も三大都市圏が4年連続、中核4市は5年続けてのプラスとなっている。[全文を読む]

  • 9月20日
  • 河北で紅花の水耕栽培 通年観光に生かしたい

     紅花を町の花に制定している河北町で、本年度から試験的に紅花の水耕栽培が行われている。栽培技術が確立されれば、年間を通した生花の観賞が可能になり、紅花を活用した通年観光の目玉として大きな期待が寄せられる。国内観光客だけでなく、インバウンド(海外からの旅行)誘致にもつながる可能性を秘めており、本腰を入れて進めてほしい。[全文を読む]

  • 9月19日
  • 震災避難者支援 悩みに寄り添いケアを

     東日本大震災から6年半が経過した。今なお被災地から県内へ、2255人の避難者が身を寄せている(7日現在)。避難生活の長期化に伴い、住宅や就労・就学、心身の健康といった面で避難者のニーズも個別化、多様化している。行政や関係機関はこうした避難者の悩みや不安に寄り添いながら、引き続き細やかな支援の手を差し伸べていきたい。[全文を読む]

  • 9月18日
  • 首相、10月衆院選の意向 党利党略が過ぎないか

     安倍晋三首相は、28日召集の臨時国会の冒頭にも衆院を解散し、来月下旬に総選挙を実施する意向を固め、公明党の山口那津男代表に伝えた。[全文を読む]

  • 9月16日
  • 北ミサイルまた強行 危機回避策を各自でも

     北朝鮮が再び「火星12」とみられる中距離弾道ミサイルを発射、日本上空を通過させた。強行した6回目の核実験に対し国連安全保障理事会が制裁強化を採択したばかりだ。国際社会の一致した警告を愚弄(ぐろう)する暴挙である。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から