社説

皇太子さま誕生日会見 継承と挑戦見守りたい

 皇太子さまが59歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、記者会見で「国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うことを目指し、国民と接する機会を広く持つよう心掛けてきた」と自らの歩みを振り返り「今後とも自分の活動の大きな柱として大切にしていきたい」と述べた。あと2カ月余りで、退位される天皇陛下から重責を引き継ぐ。

 陛下は、天皇を「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と定めた現行憲法下で初めて即位。30年にわたり、象徴のあるべき姿と務めを模索し続けてきた。退位の意向をにじませた3年前のビデオメッセージでは「時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うこと」の大切さを国民に語り掛けた。

 その思いをしっかりと受け止め、次の時代に自ら体現していくという決意が皇太子さまの言葉からはうかがえる。と同時に「その時代、時代で新しい風が吹くように、皇室の在り方もその時代、時代によって変わってくるものと思う」と、時代にふさわしい象徴天皇と皇室の在り方を追い求めていく考えを示した。

 皇太子さまによる継承と挑戦を見守っていきたい。一方で、やはり気掛かりなのは皇族の高齢化や女性皇族の結婚によって皇室の先細りが進んでいることだ。この点について皇太子さまは会見で発言を控えたが、新たな時代に向け避けては通れない重い課題となろう。

 4月30日の退位を境に、陛下は全ての公的活動から退く。翌5月1日に即位し新天皇、皇后となる皇太子ご夫妻は、これまでの両陛下と同様に、各地の「全国植樹祭」「国体」「全国豊かな海づくり大会」に伴う三つの重要地方公務をこなす。皇太子さまは長年「国民文化祭」に出席しており、これは即位後も続けるという。

 両陛下による「こどもの日」と「敬老の日」にちなんだ施設訪問は、4年前から負担軽減のため皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻が交互に足を運んでいた。こちらも新天皇、皇后の活動に戻す。

 即位後間もない5月下旬には、安倍晋三首相との首脳会談のため来日するトランプ米大統領を国賓として迎え、会見する。このような多くの公務について皇太子さまは、両陛下を「大きな道しるべ」として取り組んでいきたいと述べた。

 続いて、ライフワークにしている水問題の研究に触れ「これからの務めの中で国民生活の安定と発展を願い、防災、減災の重要性を考えていく上で大切に生かしていきたいと思う」と述べた。

 国際会議の講演で、開発途上国の女性や子どもが水くみなどの労働から解放されず、地位向上や教育の機会が阻まれる問題を取り上げたこともある。公的活動で自分のスタイルを確立していく足掛かりになるのではないか。

 皇太子妃雅子さまについては「活動の幅が少しずつだが、着実に広がってきている。とはいえ、体調には波もある。引き続き、温かく見守っていただければと思う」と気遣った。最近は、雅子さまが皇后となるのを前に活動への自信を深めている様子が伝えられることも多くなっており、心強い要素だ。国民も温かなまなざしで支えていきたい。

(2019/02/23付)
最新7日分を掲載します。
  • 2月23日
  • 皇太子さま誕生日会見 継承と挑戦見守りたい

     皇太子さまが59歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、記者会見で「国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うことを目指し、国民と接する機会を広く持つよう心掛けてきた」と自らの歩みを振り返り「今後とも自分の活動の大きな柱として大切にしていきたい」と述べた。あと2カ月余りで、退位される天皇陛下から重責を引き継ぐ。[全文を読む]

  • 2月22日
  • 体罰禁止の法改正 虐待防止へ現場強化も

     政府、与党は、親による体罰禁止を児童福祉法と児童虐待防止法の改正案に明記できるかどうか検討に入った。千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さんが虐待を受けて亡くなった事件を踏まえ、虐待の根絶に取り組む。[全文を読む]

  • 2月21日
  • 日産・ルノー提携見直し 明確な経営理念必要だ

     日産自動車とフランス自動車大手ルノーが、3社連合を組む三菱自動車も含めた提携関係の見直しに着手した。前会長カルロス・ゴーン被告の逮捕によって、体制の再構築と企業統治の強化を迫られていた。[全文を読む]

  • 2月20日
  • 同性婚求め一斉提訴 法整備も含めた答えを

     新しい時代の家族の形を巡る訴訟である。13組の同性カップルが国を相手に札幌、東京、名古屋、大阪の4地裁に一斉提訴した。国が同性婚を認めないため、憲法が保障する「婚姻の自由」や「法の下の平等」を侵害され、法的・社会的にさまざまな不利益を強いられていると主張。欧米を中心に同性婚の法制化が進んだのに国会は立法措置を怠ったとして損害賠償を求めている。[全文を読む]

  • 2月19日
  • 鶴岡・三瀬エネルギーの自給自足 間伐材で経済循環模索

     鶴岡市三瀬地区の自治会が、地元の山から切り出される間伐材などを燃料として活用し、「エネルギーの自給自足」を目指す活動に取り組んでいる。地区内で消費されている化石燃料を持続可能な地元の「木」に換えることで、遠い海外の産油国などに流出するお金の一部を地域内にとどめる仕組みを模索している。地元の山林を資本として地区内で新しい経済循環を生み出そうとする挑戦は先駆的であり、地域の再生につながる取り組みでもある。その成果に期待したい。[全文を読む]

  • 2月18日
  • 国史跡めざす山居倉庫 街の魅力高める弾みに

     酒田市の山居倉庫を国の史跡に指定してもらおうという動きが本格化した。庄内米の全国的な評価を高めた米どころのシンボル。同市を代表する観光スポットであり、まちづくりの観点からも史跡指定が実現すれば大きな前進となる。[全文を読む]

  • 2月16日
  • 豚コレラ感染拡大 防疫対策は待ったなし

     家畜伝染病である豚(とん)コレラの感染が広がっている。国内では熊本県で1992年に発生してからは発生がなかったが、昨年9月に岐阜県で続発。今月に入ってから長野、愛知、滋賀、大阪の4府県にも拡大したことが確認された。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から