ちょっとそこまで

氷の器を作る~山辺、山形

(2011/09/07掲載)

 暦の上では秋が始まる「立秋」が過ぎたのに、一歩外に出ると体中から汗が噴き出す。節電の影響でクーラーの使用を控えているためか、ことしの夏は長いと感じてしまう。これを乗り切るにはガッツリ食べて体力を付けよう。そこで頭に浮かんだのが食器に対するこだわり。「そうだ氷の器を作ろう」

原料は弁財天湧水で調達

良質で豊富な水量を求めて県外からも多くの水くみ客が訪れる弁財天湧水=山辺町畑谷
良質で豊富な水量を求めて県外からも多くの水くみ客が訪れる弁財天湧水=山辺町畑谷
 水道水でもいいのだが、小旅行の要素を取り入れるため、湧き水を求めて山辺町に向かった。県民の森付近にある弁財天湧水(山辺町畑谷)。水量豊富で良質なことからポリタンクを車に乗せて水くみに来る県外ファンも多い。ひしゃくでペットボトルに水を注ぐ。ボトルの表面に細かい水滴が浮かんできた。それだけ水温が低いということだろう。

 できるだけ透明な氷を作りたかったので、一度沸騰させて空気を抜いた。その後、一晩冷ました後、直径約30センチのボウルに注いで冷凍庫に。二つ目の器は地元色を出そうと山形市の水道水を凍らせた氷を入れて作った。2日ほどで完全に固まった。見た目は全体的に白っぽい。目標としたのは酒屋などで売っている透明で表面が滑らかな一枚氷だったのだが…。

 ここからはスピード勝負。木工用のノミを氷に打ち付け、くぼみを入れる。力が入りすぎて真っ二つに割れてはすべてが台無しになるので、ある程度の加減が必要だ。サクッ、サクッと小気味よく、涼しさを醸し出す音が周囲に響く。だが、あまりのんびりしているわけにもいかない。真夏の外気にさらされた氷はどんどん解けていく。「そろそろいいか」

 20センチほどくぼみを入れた。ふちは耐久性を考慮して十分厚くした。氷丼の完成。何より、解けた水が滴り落ちる様子が美しく、涼しげ。早速、夏野菜のキュウリ、トマトを盛り付けた。真夏の日差しを受けて解けた水が氷の表面を覆って輝きを放ち、キュウリの緑とトマトの赤が一層、際立った。

美しく涼しさを演出

夏野菜のキュウリとトマトを盛り付ける。真夏の日差しを浴びて解けた水が氷の表面を覆い、光沢を放った
夏野菜のキュウリとトマトを盛り付ける。真夏の日差しを浴びて解けた水が氷の表面を覆い、光沢を放った
 もう一つの器には冷麺をよそうことにした。ここで問題発生。器に麺を盛り付け、刻んだキュウリとトマト、キムチ、チャーシューをトッピングし、最後にスープを注いだが、まったく満たされない。不審に感じて器の下を見ると、冷麺スープで真っ赤になっていた。どうやら氷に亀裂が入っていた。汁物は難しいようだ。

 スープを満たしておくことは難しいが、保冷機能は十分。最後までキンキンに冷えた麺を食べることができた。若干、解けてしまったが、食べ終わった後も器の形は維持していた。「もう一度、楽しめるかな」。器は水で洗ってもう一度、冷凍庫の中に入れた。

(報道部・安達一智)

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から