ちょっとそこまで

スノーシュー履き月山を歩く~西川

(2012/03/14掲載)

 とにかく今年の雪はすごい。弥生3月を迎えて、こんなに春を実感できない年はないんじゃないだろうか。こんな時、万年雪を頂く月山はどんな状態なんだろう。スノーシューを履いて山に入った。

つわものの後輩、案内役に

 共に東京の寮で学生時代を過ごした後輩Tに案内役を頼み、西川町志津から月山へ。彼は2005年に単身米国に渡り、全長3500キロに及ぶ山脈を徒歩で踏破するアパラチアントレイルを歩き切ったつわもので、月山にも詳しい。

道路案内の標識がこの高さ。電線も目線。この下にそれだけ積雪があるということだ=西川町
道路案内の標識がこの高さ。電線も目線。この下にそれだけ積雪があるということだ=西川町
 車で月山志津温泉を抜け、しばらくしたところで道路の除雪がストップ。ここから山中へ。硬い雪の上に前日降ったばかりと思われる新雪が積もっている。新雪は軟らかく、スノーシューを履いても、時に膝の辺りまで脚が雪に沈んでしまう。雪の中の歩行がこんなに困難とは思わなかった。沈み込むたび、態勢を立て直すため脚を持ち上げなくてはならず、すぐに大殿筋が悲鳴を上げ始めた。わずか10分ほど歩いただけで、寒さはまったく感じなくなっていた。

目の高さに標識や電線

 しばらくすると、視界に違和感があった。何かが本来あるべき場所に収まっていないような。「!」。電線だ。本来見上げるはずの電線が目線にあるのだ。恐るべし。ややすると、今度は道路標識が目線に。直下が道路で、普通に考えれば、積雪は3~4メートルにも及ぶということだ!

 1時間ほど歩いて、目的地の県立自然博物園に。屋根には、ものすごい量の積雪。1階部分は、すっかり雪に埋もれてしまっている。よくこれでつぶれないものだ。

 ここでTがザックから水とバーナーを取り出し、インスタントラーメンを調理する。根っからのアウトドア派のTは「山に来たらインスタントラーメン。絶対に普通に食べるのとは味が違う」。ごみを増やしたくないので、カップ麺ではなく、袋入りというこだわりもあるという。

目的地である県立自然博物園に到着。驚くことに見えているのは2階部分。1階は雪に埋まっている
目的地である県立自然博物園に到着。驚くことに見えているのは2階部分。1階は雪に埋まっている
 続いてコーヒーを飲みながら辺りを見渡してみると、あちこちで落葉して裸になった木々の枝に丸くゴチャゴチャしたものが絡み付いている。「カラスか何かの巣?」かと思ったら、ヤドリギという寄生植物の一種なのだそうだ。

 山中は風もなく、聞こえる音はほとんどない。「静かですね」とT。モノトーンの風景と静寂。時間まで下界とは違う流れ方をしているみたいだ。

 木々は春への準備を着々と進めているはずだが、やすやすと侵入者にその気配を見せようとはしない。驚くべき量の雪が日々少しずつ少しずつ、そのかさを減らすのに合わせ、周到に計算高く芽吹きの時期を探っているのだ。平地も厳寒、豪雪に見舞われたこの冬。月山に生命の躍動感があふれる春がやって来るまでには、まだ時間がかかりそうだ。

(報道部・伊藤英俊)

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 9月21日(日)に「山新ヨモーニャくらぶ祭り」
     「第4回山新ヨモーニャくらぶ祭り」が21日、山形市の山形メディアタワーで開かれます。人気コミック「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクターが全国47新聞の広告に登場した紙面を一堂に集めた新聞広告展、「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2014」写真展、ステージ企画、社員食堂の開放など大人も子どもも楽しめる内容です。「YBCラジオ918フェスタ2014」も同時開催されます。
     8階では、「ONE PIECE」新聞広告展をはじめ、特設ステージで山形新聞のマスコット「ぶんちゃん」「ヨモーニャ」のショー、やまがた舞子の演舞が披露されます。また「昭和の遊び体験」、クイズ、ゲームなどのコーナーも設けます。9階の「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2014」写真展では、参加児童のメッセージが記されたビッグフラッグも展示します。
     また、9階の社員食堂を開放し特別メニューを提供。抹茶(有料)と眺望を楽しめるコーナーも用意しています。社内見学会は午前11時と午後2時の2回実施します。
     読者の皆さまへの感謝イベントとして毎年開催し4回目。入場無料。開催時間は午前10時~午後4時。問い合わせは事務局023(622)2177。
  2. 【やましんe聞スタート】
     紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める新しい電子版「やましんe聞(イーブン)」の無料サービスを、読者限定で6月16日にスタートしました。詳しくは、こちらから。
  3. 【皆さんの五七五を募集します】
     山形新聞社は、山形出身の絵本作家・荒井良二さんと一緒に、言葉と絵で「ふるさと」を表現するプロジェクト「ホソミチくんと五・七・GO!」を実施しており、皆さんの五七五作品を募集しています。現在募集中のお題は「山形のひと」。締め切りは9月20日です。皆さんからのご応募をお待ちしています! 詳しくは、こちらから。
  4. 天気情報をリニューアル
     ホームページと携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」で提供している天気情報を拡充し、見やすくリニューアルしました。天気情報は無料でご覧になれます。便利になった天気コンテンツを毎日の暮らしにご活用ください。
  5. 【2014年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2014年の8大事業が決まりました。年間紙面企画「やまがた観光復興元年」、「やまがた農新時代」。山形美術館では特別展「細川家の名宝と細川護熙の風雅」の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。
    詳しくは、こちらから
  6. 【やまがたの野鳥を聞く】
     インターネットと紙面が連動し、野鳥の鳴き声を文字と音で紹介する企画「やまがたの野鳥を聞く」。本紙の記事を読んで、ホームページにアクセスすると、県内に生息する鳥たちのさまざまな鳴き声を耳にすることができます。ログインはこちら。また、携帯・スマートフォンの有料ページにも同様のコンテンツがあります。携帯・スマートフォンサイトへのアクセス方法は、こちら
  7. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  8. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  9. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  10. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  11. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から