ちょっとそこまで

雪深いキノコ王国を訪ねて~鮭川

(2012/03/28掲載)

地域づくり、伝わる情熱

7年ほど前からシイタケ栽培に取り組む川田幸一さん
7年ほど前からシイタケ栽培に取り組む川田幸一さん
 地域づくりは顔づくりと言われる。地元住民の思いや行動が、地域に活力を与える。基幹作物のキノコを通じ、鮭川村が多彩な取り組みを展開していると聞いた。雪深いキノコ王国を訪ね、そこに携わる人々の情熱をのぞいてみた。

 3月中旬。田んぼは分厚い雪に覆われ、春はまだ遠い。村役場を訪ね、キノコの魅力を味わうフルコースを同村産業振興課の山科裕一さん(28)に案内してもらった。

 まずは栽培現場へ。農業生産法人「あぐり大地」の川田幸一社長(53)は、建設会社経営の傍ら7年ほど前からシイタケ栽培を始めた。きっかけは「事業の発注が減り、収入の安定を見込んでこの世界に飛び込んだ」。建設技術を生かしたビニールハウスでは、ナラ材を砕いて作った菌床にシイタケの芽がちらほら。ハウス内の温度は約15度で、水を噴霧しながら愛情をかけていた。毎日、朝と夕に収穫し「すぐに大きくなるから、こまめに足を運ばないと」と川田さん。すくすく育つ“わが子”に目を細めていた。

 ヤマブシタケは見た目がワタのようにフワフワで、食べるとシコシコ。「中国では高級食材」と「最上まいたけ」の荒木正人社長(61)。物珍しさが注目を集めている。

羽根沢温泉にある旅館3施設が共通メニューで提供しているキノコ前菜「九珍」
羽根沢温泉にある旅館3施設が共通メニューで提供しているキノコ前菜「九珍」
 こうしたキノコを使った料理が羽根沢温泉で味わえる。全3旅館で提供する共通メニューの前菜「九珍(きゅうちん)」が人気らしい。松葉荘(加藤直勝社長)ではエノキの梅肉あえ、南蛮ナメコなど彩り豊かな小鉢が9品並ぶ。「舌と目で楽しめ、お酒がすすむと好評です」と加藤社長。季節によりメニューは変わるが、どれも素材のうま味を生かし自然の恵みを実感できる逸品だ。

 地元のお母さんたちも販路拡大へ一役買う。保育所だった施設を利活用し、農家の主婦6人が昨秋、農産加工グループ「工房七つの里」を立ち上げた。活動の原点は規格外野菜の有効利用、キノコのまちのPR。活動を通じて生産意欲も高まり、交流の場にもなっているという。炊き込みご飯の具材などを作り、地元の「産直さけまるくん」などで販売中だ。

栽培現場を見学“火付け役”に会う

 そもそも鮭川のキノコのルーツとは。“火付け役”の荒木栄輔さん(71)=中渡=を訪ねた。昭和40年代前半、出稼ぎ先の塩釜で、テレビで偶然目に留まったキノコの冷蔵栽培。「これなら雪国でもできる」とヒントを得た。仲間と試行錯誤を繰り返してエノキ、マイタケなどの通年栽培に着手し、自ら売りに出掛けたといい、それが徐々に軌道に乗って、村の基幹産業へと成長した。荒木さんは「鮭川でキノコがこんなに有名になると思わなかった。われながら大したもんだな」と照れ笑いを浮かべた。

 キノコの収穫体験や産直レストランの開設、海外での市場デビューなど村の夢は尽きない。地元の商工会、行政などでつくる鮭川地域資源戦略会議の山科伸也本部長(56)は「高齢化が進み危機感はあるが、地域全体で取り組める振興策を見つけていきたい」と話す。キノコ一つにこだわる思いの強さ。その奥深さを垣間見つつ、地元住民のパワーをお裾分けしてもらい幸福感に浸った。

(報道部・佐藤裕樹)

【メモ】 鮭川村のキノコ 村役場によると生産量は年間約6000トン、市町村単位では東北一。村では70近い団体・個人が栽培に取り組む。主にナメコ、ブナシメジ、シイタケ、エノキ、マイタケ、エリンギ、ヤマブシタケの7種類。最近は埼玉県内のホテルなどでも食材として広く使われ、販路が拡大している。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から