ヤマザワカップ県女子駅伝競走大会

第31回大会 選手名鑑

米沢

東北制覇の2人けん引

 今年の東北総体1500メートル優勝の鈴木(九里学園高)、東北インカレで5000メートルを制した小林(東北福祉大)の東北トップ級両エースがけん引し、狙うは3位以内だ。前回区間賞の原田咲雪(山形城北高)の欠場は痛いが、前回大会を経験した長沼(米沢四中)が急成長。先輩に負けじと黒田(同)はロードに強く、中学生区間も充実している。

<選手>
小林文香(東北福祉大2年)
鈴木菜々(九里学園高3年)
菊地真琴(米沢中央高3年)
横川千夏(米沢興譲館高2年)
西京笑里(米沢興譲館高1年)
情野結衣(米沢二中3年)
長沼明音(米沢四中2年)
黒田愛奈(米沢四中1年)

北村山

中学生区間で貯金作る

 中高生ともに県トップレベルの選手がそろった。古瀬(山形城北高)梅津(東海大山形高)らが序盤でトップ争いに加わり、順位を落とさないたすきリレーを展開したい。チームの核となる安達(尾花沢中)武田(同)ら中学生がどれだけ貯金を作ることができるかがポイントとなる。ここ数年の低迷から抜け出し、総合力で優勝を狙う。

<選手>
早坂愛理(東海大山形高3年)
古瀬絢菜(山形城北高3年)
梅津千布(東海大山形高2年)
折原萌(山形北高2年)
佐藤若菜(山形北高1年)
安達日和(尾花沢中3年)
武田千捺(尾花沢中2年)
二瓶実里(神町中2年)

天童・東村山

エースの頑張りが刺激

 エース五十嵐(日新製薬)は好調を維持し、仕事をこなしながら頑張る姿がチームを刺激。中学生は昨年も走った2年の立里(天童一中)を中心に各選手とも安定感がある。高校生は実績のある小川(東海大山形高)に伸び盛りの2人がフレッシュな力を添える。予定していた大学生の出場がかなわなかったのが痛手で、そこを乗り越える団結と粘りが鍵となる。

<選手>
五十嵐悠(日新製薬)
加藤綾夏(山辺高3年)
小川聖奈(東海大山形高3年)
高橋舞実(山形学院高2年)
立里柚(天童一中2年)
後藤陽菜(天童一中1年)
後藤小真知(天童二中1年)
村岡結衣(山辺中2年)

酒田・飽海

連覇狙える高い総合力

 東洋大の平山を中心に連覇を狙う。前回区間上位で走った三浦(酒田東高)徳田(酒田一中)らが残っており、序盤でペースをつかむことができるかがポイント。絶対的なエースはいないが、個々の選手が力を出し切れば高い総合力で優勝を狙える。中学生が咋年4区で区間新を出した斉藤(酒田南高)のような爆発力を発揮できれば大きな追い風となる。

<選手>
平山絵梨(東洋大2年)
佐藤咲希(酒田南高3年)
三浦万歩(酒田東高2年)
斉藤睦(酒田南高1年)
徳田蒼(酒田一中3年)
庄司雅花(酒田四中2年)
佐藤佳乃(酒田一中2年)
住石千紗(酒田一中1年)

山形

田中軸にV奪回めざす

 本県女子長距離をけん引する田中(スポーツ山形21)を中心に、女王の座奪回を狙う。大学生はいないが、先月の県高校駅伝で19連覇と強さを見せた山形城北勢で、いずれも県高校界トップクラスの実力を持つ遠藤、星野らの活躍が期待でき、選手層は厚い。中学生はそれぞれ力が拮抗(きっこう)。総合力は高く、選手起用がかみ合えばVは近づく。

<選手>
田中幸(スポーツ山形21)
遠藤柚奈(山形城北高3年)
星野あす香(山形城北高3年)
川崎美祈(山形城北高3年)
海谷麻尋(山形四中3年)
岸汐理(山形十中3年)
長沢菜津未(山形十中3年)
山辺留奈(山形十中3年)

寒河江・西村山

伸びしろある選手豊富

 若く、伸びしろのある選手が豊富。高校入学を機に効率的な体の使い方を身につけ力を伸ばした五十嵐梨(山形城北高)をはじめ、中学生3人は男子選手との練習で速さが増した。環境に左右されない安定感が持ち味の阿部(東海大山形高)も調子を上げている。目標は前回届かなかった6位以内。終盤まで流れを維持し、アンカー勝負に持ち込みたい。

<選手>
小倉伊万里(米沢女短大2年)
阿部若咲(東海大山形高3年)
郷野莉沙(東海大山形高3年)
五十嵐茜音(山辺高1年)
五十嵐梨菜(山形城北高1年)
武田菜那(陵南中2年)
大沼亜衣(陵西中1年)
芳賀未侑(陵東中1年)

新庄・最上

序盤で勢いを生み出す

 前回、目標の6位入賞を果たし、今年は昨年を上回る5位を見据える。チームをけん引するのは小野(福島大)石川(山形城北高)の両エース。序盤に勢いを生み出せる選手がそろっているだけに、3区以降の選手が踏ん張り、さらに終盤で粘りの走りを見せられるかが鍵になる。矢口(新庄神室産高)や中学生が成長し、チーム力向上につながっている。

<選手>
小野莉奈(福島大2年)
安食優花(新庄神室産高3年)
石川涼音(山形城北高2年)
青木桃香(新庄北高1年)
矢口和佳奈(新庄神室産高1年)
伊藤歩美(舟形中3年)
海藤雛(舟形中3年)
八鍬奈央(新庄中3年)

南陽・東置賜

高1がチーム引っ張る

 いずれも高校1年の樋口(山形城北高)と高橋(同)がチームを引っ張る存在だ。さらに中学生は、1年を通して積み重ねている練習の成果でレベルアップ。安定感のある走りを見せる。中学生区間は下りが多いが、前傾で走る長沢(川西中)らコースに合った走りが期待でき、順位を上げたい。アンカーで粘れれば、目標とする6位入賞も見えてくる。

<選手>
佐藤琢美(立大4年)
鹿場聖礼(上山明新館高2年)
樋口亜沙美(山形城北高1年)
高橋春香(山形城北高1年)
安部奈々子(南陽高1年)
安部日和(高畠四中3年)
三浦花凜(高畠一中3年)
長沢日桜里(川西中1年)

長井・西置賜

競い合って中高生成長

 中高生が合宿や練習会で切磋琢磨(せっさたくま)しながら実力を伸ばしており、総合力は前回大会を上回っている。先の東北学生陸上選手権女子1500メートルで自己ベストを更新するなど、勢いに乗る高橋(東北福祉大)を中心にレースを組み立てる。成長著しい小林(白鷹西中)にも期待。チームは挑戦者の気持ちで挑み、1時間11分台と6位を目指す。

<選手>
高橋あかね(東北福祉大3年)
安部あずさ(九里学園高3年)
小笠原奈々(九里学園高3年)
沼沢遥香(九里学園高1年)
小関瑠奈(九里学園高1年)
近野桃花(長井南中2年)
安達富葵(長井北中2年)
小林咲葉(白鷹西中1年)

上山

中学生はトップクラス

 序盤がポイント。1区に起用予定の木村(東北学院大)が食らいつき、流れを呼び込みたい。県内トップクラスの実力を持つ中学生の走りにも期待が懸かる。前回は故障明けの選手が多かったが、今回は選手の体調も良く状態は上向き。若い選手をそろえ、今後3年をめどに優勝を狙うチームに育てる構想。新たな挑戦の初年度と位置付け入賞を目指す。

<選手>
木村奈津子(東北学院大4年)
中井瑞稀(上山明新館高1年)
吉川日菜向(東海大山形高1年)
佐藤璃奈(上山南中3年)
石沢希らら(上山南中2年)
斎野泰葉(上山南中2年)
鈴木ひろか(上山南中1年)
 

鶴岡・田川

酒田南高勢の活躍が鍵

 酒田南高勢3人の活躍が上位進出の鍵を握る。出場5回目となる兼古と昨年3区で区間賞の佐藤、県新人大会2000メートル障害2位の清野でチームに勢いをつけたい。中学生は県総体1500メートルで入賞した江口(羽黒中)を中心に着実に力をつけてきた。10位と悔しい思いをした昨年よりも総合力は上回っている。序盤でいい流れを作り、後半につなげたい。

<選手>
兼古杏(酒田南高3年)
菅原璃子(鶴岡東高2年)
佐藤凜(酒田南高1年)
清野未鈴(酒田南高1年)
石塚茉衣(鶴岡東高1年)
須貝美齢(鶴岡四中3年)
江口葵(羽黒中2年)
渡会紫野(余目中2年)

過去大会の記録(第31回)

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から