県内企業ニュース

【就活情報】就活、本格スタート

 2018年春に卒業する大学3年生らを採用するための主要企業の会社説明会が1日に解禁され、大学生の就職活動が本格的にスタートする。各地で合同説明会が開かれ、企業は学生に対するPR活動に全力を挙げる。

 人手不足を背景に企業の採用意欲は依然として高く、今年も学生優位の売り手市場となる。ただ、学生の質を重視する企業の姿勢は変わらず、厳選採用が続く見通しだ。

 経団連が加盟企業向けに定めている採用選考に関する指針は、選考のための面接の解禁を6月1日としている。昨年と同じスケジュールで学生の準備期間が3カ月の短期決戦となる。正式な内定の解禁は10月1日。

 人材サービス会社アイデム(東京)の調査によると、面接について企業の約7割が解禁の6月より前に実施するとしており、指針の形骸化も指摘されている。

 企業は会社説明会の解禁に先立ち、学生に仕事や業界に関心を持ってもらおうとインターンシップ(就業体験)を相次いで実施。1日で終わる「ワンデー」型のインターンが目立った。また各地の大学訪問に力を入れる企業も多く見られた。

 3月1日は、約630社の企業が参加する幕張メッセ(千葉市)をはじめとして、各地の大型施設や大学で合同説明会が開かれる予定だ。

(2017年3月1日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018