県内企業ニュース

【ジョインセレモニー】「オワゾブルー」が完成

 冠婚葬祭のジョインセレモニー(山形市、武田良和社長)が同市七日町1丁目に建設を進めていたブライダル複合施設「オワゾブルー山形」が完成し、5日、現地でオープニングレセプションが行われた。「街なかウエディング」を全面的に打ち出しており、8日にグランドオープンする。

 「オワゾ」はフランス語で鳥の意味で、「幸せの青い鳥」をイメージした。一部5階建ての洋風建物に挙式会場、パーティー会場、カフェ、テラスルームを備える。結婚しない若者や結婚式を挙げないカップルが増える中、七日町の目抜き通り沿いで結婚式の祝福シーンを多くの人に見てもらえる機会を提供し、にぎわい創出を図るほか、観光名所としてインバウンド(訪日外国人客)につなげる狙いがある。

 レセプションには約70人が出席し、武田社長が「家族の思いがあふれ、人と人をつなぐ結婚式を演出できる式場にしつらえた。従来の枠にとらわれない式を提案したい」とあいさつした。佐藤孝弘山形市長らが祝辞を述べ、桂由美全日本ブライダル協会長の乾杯でオープンを祝った。

 問い合わせはオワゾブルー山形023(673)0100。

(2017年4月6日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018