県内企業ニュース

【山形信用金庫】事業始めるにはタイミング重要

 山形信用金庫(山形市)の取引先企業でつくる「山形しんきんNEWマネジメントクラブ」(会長=庄司秀一・庄司久仁蔵商店専務)の新春講演会が24日、山形市のパレスグランデールで開かれ、東北芸術工科大の本吉裕之准教授が自らの事業展開のポイントを語った。

 旅行会社や宿泊予約サイト運営会社の勤務経験があり、現在は訪日外国人客向けにインターネット通信環境などを提供する「WAmazing(ワメイジング)」事業開発担当部長を務める本吉准教授。「時間軸発想」をキーワードにこれまでのビジネスを振り返りながら、事業を始めるタイミングの重要性を強調した。ワメイジングのサービスが動画共有サイトで情報発信されていることを紹介しながら「今は良いサービスをつくれば広がる時代」などと語った。会員ら約100人が聴講した。

(2018年1月25日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018