県内企業ニュース

【荘内銀行】フィデア2行と東北銀が提携

 フィデアホールディングスと傘下の荘内銀行(鶴岡市)、北都銀行(秋田市)は7日、東北銀行(盛岡市)と包括的な業務提携協定を結んだ。連携を強化しながら、顧客サービスと付加価値の向上、地元企業への支援強化に取り組む。

 具体的には、取引企業の支援に向け、販路拡大を目指す商談会の共同開催、事業承継先の相互紹介、特定事業に対する融資「プロジェクトファイナンス(PF)」の共同アレンジなどを想定。農業や再生可能エネルギー分野でも支援ノウハウを共有する。

 有価証券運用、リスク管理、フィンテック(ITを活用した先進的な金融サービス)を含む情報通信技術(ICT)分野でも、人事交流を含め、共同施策を検討。3行の営業基盤でのブランド力を生かし、取引企業の支援に注力する。

 高齢化の進展による地域経済の縮小が懸念される中、提携は3行の持つノウハウを相互に有効利用し、それぞれの顧客の成長と、地域経済の活性化を後押しするのが狙い。荘内、北都の両行は「将来的な資本提携や経営統合を目的とするものではない」としている。

 3行は既に、みちのく銀行(青森市)を含めた4行連携も展開。これまでに協調融資への参加、6次産業化支援ファンドの共同設立などの実績がある。

(2018年2月8日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018