県内企業ニュース

【山形信用金庫】福祉や教育支援、3団体に30万円

 山形信用金庫(山形市)の公益財団法人山形庶民佐久間基金(佐藤吉郎理事長)の助成金贈呈式が30日、同金庫本部で行われた。福祉や教育、障害者支援に取り組む3団体にそれぞれ30万円が贈られた。

 助成を受けたのは、特別養護老人ホーム「蓬仙園」を運営する偕寿会(上山市、島崎みつ子理事長)、障害児の通所支援事業を展開する認定NPO法人発達支援研究センター(山形市、高橋信子代表)、学童保育あかしあクラブ(設楽庸夫運営委員長)。それぞれ車いすやエアコン、ミシンの購入に役立てられる。

 贈呈式では佐藤理事長が「利用者のために少しでも役立ててほしい」とあいさつし、各団体の代表らに助成金を手渡した。

 同基金の助成は1983(昭和58)年から毎年行われており、今回を含めて贈呈先は延べ193団体となった。

(2018年12月1日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018