運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

県民の資金募集をお手伝い。
クラウドファンディング。

県民の資金募集をお手伝い。
クラウドファンディング。

県民の資金募集をお手伝い。
クラウドファンディング。

県民の資金募集をお手伝い。
クラウドファンディング。

県民の資金募集をお手伝い。
クラウドファンディング。

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

注目のプロジェクト

pickup

退職後の男性が活躍できる場創設

 酒田市の酒田男塾は、退職後のシニア男性がさまざまなチャレンジをして社会参加できる環境を整えようと、市民有志らが昨年11月に立ち上げた。学びたい!働きたい!助けたい!学びたい!という、意欲がある男性向けの居場所づくりとして、市内の空き店舗を改修し、今年6月から活動を本格化する。今回、その改修費用の一部を募っている。

詳細を見る
pickup

耳の不自由な人も健常者も楽しめる人形劇開催

 山形市の交流創出グループarkは、子育て中の母親たちが中心となって2016年に結成し、親子で楽しめるイベントなどを企画してきた。今回、同団体を中心に実行委員会(委員長・黒沼久志山形大大学院教育実践研究科准教授)を組織し、耳の不自由な人を含むプロの人形劇団「デフ・パペットシアター・ひとみ」(川崎市)の最新作「河の童―かわのわっぱ」の公演を今年5月に山形市で開催する。公演費用の一部を募る。

詳細を見る

プロジェクト一覧