運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

日本酒、ワインどうぞ


楽酒楽粋がイベントで用意する飲み比べの酒や、販売する米こうじとジュース類

 豪雪地の雪蔵を使った日本酒熟成に取り組む、尾花沢市の農事組合法人ドメーヌ楽酒楽粋(らくしゅらくすい、落合喜久男代表)は3、4の両日、同市の徳良湖まつりイベントに出展し、組合や市内の酒などをPRする試飲会を開く。併せて地元農産物を原料にしたジュース類も販売する。

 試飲会は、今後雪蔵で貯蔵する酒との違いを知ってもらうため、組合が市内で生産する酒造好適米「山田錦」を使った熟成前の日本酒3種類と甘酒、市内の生産者が手掛ける「山ぶどうワイン」を、小カップ一杯100円で提供する。

 他に、この山田錦100%の米こうじ1キロ(定価2500円)を千円で販売。市内産の青じそジュースや「山ぶどう液」、トマトジュースなども取り扱う。出展時間は両日午前9時~午後4時。村山保健所の臨時飲食店営業許可を受けている。組合の事務局は「甘酒はノンアルコール。徳良湖まつりのマラソンに参加する人もどうぞ」と話している。問い合わせはドメーヌ楽酒楽粋0237(23)4450。

 酒などを雪蔵に貯蔵すると味がまろやかになるとされており、楽酒楽粋は横山孝男山形大名誉教授の事業監修の下、市内で豪雪の環境を生かした日本酒熟成に取り組んでいる。雪蔵の効果を認知してもらおうと、山形新聞社が進める購入型クラウドファンディング(CF)「山形サポート」で資金を募っている。

[2017年5月3日掲載]