運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

第18号「科学で被災地の子どもを笑顔に」目標金額を達成

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集している第18号プロジェクト「科学で被災地の子どもを笑顔に」(山形市、山形大)が19日、目標金額の45万円を達成した。同日午後10時現在の支援額は46万円。山形サポートでは15件目の成功例となった。今回は初の寄付型での資金募集で、引き続き期限の今月22日まで資金を募る。

 同大は、今月23日に宮城県石巻市で、手作りのサイエンスショーを開催し、被災地の子どもたちに笑顔と元気を届ける。

 責任者の栗山恭直教授は「支援いただいた皆さんに感謝したい。石巻で子どもたちの笑顔を見てきます」と語った。

 山形サポートは引き続き、第19号プロジェクト「医療・介護の交流促進へキッチン設置」(鶴岡市、みどりまち文庫)の資金募集をしている=表参照。問い合わせは山形新聞デジタル推進部023(622)5265。

[2017年9月20日掲載]