運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「長井ならではの地ビール開発」2日で目標50万円達成

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集している、今年の第4号プロジェクト「長井ならではの地ビール開発」(長井市、村上滋郎さん)が31日、目標金額の50万円を達成した。同日午後10時現在の支援額は67万5千円。資金募集開始から2日でのスピード達成で、山形サポートでは今年3件目の成功例となった。今後、目標金額を引き上げる「ネクストゴール」に挑戦する予定で、期限の今月27日まで支援を募る。

 村上さんは、今回のビール製造に当たる萩志会クラフトマン(長井市)の代表社員を務める。良質な軟水に恵まれ、ホップの産地でもある長井の特長を生かし、ブルワリーを開業して地ビールの製造を目指す。フレーバー素材には、ヒョウ(スベリヒユ)やクキタチ、秘伝豆のきな粉など長井でもなじみのある原料を使う。

 村上さんは「こんなに早い目標達成に驚いている。このプロジェクトに興味と期待を持ってもらい、大変うれしい。完成まで継続して頑張っていく」と語った。

 山形サポートは引き続き、第3号「バラ園にカフェの店舗設置」(鶴岡市、榎本幸作さん)の資金を募集中。問い合わせは山形新聞デジタル推進本部023(622)5265。

[2018年4月1日掲載]