運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「猫が安心して過ごせる保護…」目標達成、さらに支援へ

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集している、第10号プロジェクト「猫が安心して過ごせる保護ハウス改修」(鶴岡市、NPO法人Cat's愛)が16日、目標金額の200万円を達成した。同日午後10時現在の支援額は202万6千円。今後、目標金額を引き上げる「ネクストゴール」に挑戦し、今月31日まで支援を募る。

 同法人は、老猫などを建物内で保護し、不妊・去勢手術をした上で餌やりやトイレの世話などをしている。現在、約100匹を保護している。建物は築40年以上で、老朽化が進んでいるため改修費用の一部をCFで募ることにし、7月9日から資金募集を始めた。

 同法人代表の安野要子さんは「目標があまりにも高く、どうなるかと思ったが、思いがけない人から多額の支援を受けたりしてここまで来た。今後の活動に向けて大いに励みになった。支援者には心から感謝したい」と語った。

 山形サポートは引き続き、第9号「山形市新山の活性化へゲストハウス開設」の支援も募っている。問い合わせは山形新聞デジタル推進本部023(622)5265。

[2018年8月17日掲載]