運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「んめもんプロレス」の資金募集を開始

 山形新聞社は3日、クラウドファンディング「山形サポート」の第12号プロジェクト「川西町で『んめもんプロレス』開催」(同町、NPO法人えき・まちネットこまつ)の資金募集をホームページで始めた。同日午後10時現在の支援額は0円となっている。

 同法人はJR羽前小松駅を拠点に、幅広いまちづくり活動を展開している。若者有志が町を盛り上げようと地元の味覚とプロレス観戦を組み合わせた「んめもんプロレス」を2年前にスタートさせたが、今年は運営費が捻出できず中止が決まった。この活動を継続させようと、同法人が担い手として名乗りを上げた。

 10月13日に同駅前で開催する『んめもんプロレス』の運営費の一部を募る。目標金額は60万円で、募集期限は10月5日。支援額に応じて、イベント当日の子供向けプロレス体験教室の参加券や町特産の紅大豆の詰め合わせなどを贈る。

 同法人の江本一男理事長は「若者たちが地域を元気にしたいと始めた『んめもんプロレス』に込められた思いをつなぎ、さらに大きくして、町おこしの起爆剤にしたい」と話す。

 一方、目標をクリアし、先月31日に募集を締め切った第9号「山形市新山の活性化へゲストハウス開設」(山形市、青嶋優太郎さん)の最終金額は121万7千円、第10号「猫が安心して過ごせる保護ハウス改修」(鶴岡市、NPO法人Cat’s愛)は255万1千円だった。山形サポートは引き続き、第11号「喜劇俳優・伴淳三郎の映画祭開催」の支援も募っている。問い合わせは山形新聞デジタル推進本部023(622)5265。

[2018年9月4日掲載]