運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「都内に河北町のアンテナショップ開設」の資金募集開始

 山形新聞社は21日、クラウドファンディング「山形サポート」の第13号プロジェクト「東京都内にアンテナショップ開設」(河北町商工会)の資金募集をホームページで始めた。同日午後10時現在の支援額は1万円となっている。

 同商工会は、町特産品の販売や飲食、町内事業者の営業支援などの機能を備えたアンテナショップ「かほくらし」を東京都世田谷区三軒茶屋に開設する。町と首都圏との交流、地元産業の情報発信・販路開拓拠点の役割も担い、12月中の開設を目指している。

 飲食スペースでは、冷たい肉そばやイタリア野菜などを提供し、町のファン獲得を目指して、地元食材を使った料理教室やイベントなどを開催する。

 今回、ショップ開設費用の一部を募る。目標金額は300万円で募集期限は11月20日。支援額に応じ、アンテナショップの商品券や特産品のギフトボックスなどを贈る。同商工会は「人口減少が進む中、町と連携しファンづくりを進め、交流・定住人口の拡大につなげたい」としている。

 山形サポートは引き続き、ほかの2件の支援も募っている。問い合わせは山形新聞デジタル推進本部023(622)5265。

[2018年9月22日掲載]