運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「花巻で松田甚次郎の演劇開催」目標の50万円達成

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集している「宮沢賢治の教えを引き継ぐ松田甚次郎の演劇開催」(新庄市、新庄の種プロジェクト」が17日、目標の50万円を達成した。山形サポートでは今年初の成功例となった。

 同日午後10時現在の支援額は50万5千円。募集期限の24日まで、引き続き支援を募る。

 同団体は市職員有志を中心に地域資源(種)を掘り起こし、地域の魅力として活用しようと2013年から活動を本格化している。宮沢賢治を師と仰ぐ地元の農村指導者・松田甚次郎(1909~43年)に光を当て、講演会や新庄演劇研究会との共催で甚次郎の生涯を描いた演劇公演などを行ってきた。今回、賢治の古里・岩手県花巻市で今月27日、演劇公演を行うための費用を募っている。

 代表の八鍬幸紀さんは「私たちの取り組みに注目してもらい、支援していただいたことに心から感謝したい。花巻公演をきっかけに、新庄市と花巻市の交流をさらに図っていきたい」と語った。

 山形サポートは引き続き、「手軽なキャンプ普及へ道具類整備」(天童市、長橋慎吾さん)に対する支援も募っている=表参照。問い合わせは山形新聞デジタル推進本部023(622)5265。

[2019年1月18日掲載]