グループ会社

信頼されるニュースと天気予報
山形放送

 山形放送は1953(昭和28)年にラジオ開局、1960(昭和35)年にはテレビの放送を開始、地域社会と運命共同体の精神でリーディング・メディアとしての役割を果たしながら県民とともに歩んできました。

世界を駆ける旅を演出
山新観光

 「旅のコーディネーター」として、旅の業務のすべてを取り扱っています。本県には山形空港と庄内空港という全国でも珍しい2つの空港があり、国内、海外への空の玄関として賑わっています。
 特に近年は国際チャーター便の利用が大幅に増える一方、大阪・札幌便をはじめ、名古屋便、東京便を利用した国内、海外旅行が人気を集めています。
 国内の航空会社の代理店として、夏は北海道、冬は四国・九州の旅の販売に特に力を入れています。加えて、JR6社の指定業者として個人乗車券から団体まで幅広いチケットの取り扱いをしており、また、世界遺産シリーズなどの文化や趣味・スポーツの世界を生かした企画で、思い出に残る旅を手掛けています。

情報産業のエキスパート集団
YCC情報システム

 地域の情報化を推進し、地域社会の発展に貢献することを目的に、1966(昭和41)年創業。常に本県情報サービス産業の先導的役割を担ってきました。卓越した技術・ノウハウは、お客様から高い評価をいただいており、現在は県内のみならず全国にサービスを提供しております。
 そして時代は今まさに「IT時代」。急速に変化する情報社会の中で、YCCは常に最善の技術・ノウハウを提供し、良きパートナーとしてお客様の満足を追求し続けてまいります。

ひとに心にやさしい空間を
山新建装

 商業施設の建築、内外装や博物館・資料館などの文化施設、各種サイン、ディスプレイ、各種イベントなど、あらゆる空間をカタチにするため、プランニングから設計、監理、施工まで総合的に行っております。

音と映像の総合サービス
東北映音

 テレビ・ラジオの番組とCMの企画制作、PR・記録ビデオの制作、技術スタッフの派遣、イベントの企画制作など、音と映像の総合的メディア・サービスを行い、高い評価を受けています。

ホットな紙面 美しい印刷
山新オフセット

 山形新聞をカラフルに、美しく-。山形市の立谷川工業団地に建設された山形新聞制作センターで本紙を印刷しています。
 高速オフセット輪転機「ニュースライナー」は32ページ、20面多色カラー印刷ができる高性能の機種です。用紙の供給から印刷、発送までの工程をすべて自動化。地域貢献の重責を担っています。

担う先端技術のリード役
富士電子

 情報化社会を担う先端産業としての尖兵たる-との企業理念を掲げて1984(昭和59)年に創業。これまで多くのお客様に支えられコンピューター用機器に関連した生産に携わってきました。現在はそれに加え電子機器の加工・組み立て・修理や製造設備類の設計製作など一貫した生産を行い、常にお客様が求める品質、コスト、納期と多種多様な生産形態にお応えできるよう、また環境にやさしい物づくりを目指し、人材の育成、技術の研鑽、製造力の強化を図っています。

地域の明日を拓く、総合力
山形アドビューロ

 コミュニケーションビジネスの「総合戦略企業」として、地域社会の活性化とコミュニケーションづくりの課題解決のために各分野のスペシャリストがトータルにお手伝いします。生きた情報を活き活きと伝える。輝かせる。私たちは、総合広告会社です。

楽しい 夢がある 元気な広告
山新広告社

 山形新聞を主媒体とした広告プロモーションと企画提案・制作を行う山形新聞の専属広告代理店です。
 クライアントとの信頼の絆を深めるとともに、新たな市場開拓に向けて積極的な提案を展開しています。

人と情報を結ぶ まごころランナー
山新販売

 人と情報を結ぶコミュニケーション産業の一翼を担い、県内に13の営業所を配置、新鮮な情報を迅速に届けるアンカーとして、また販売・折込業務の管理、運営などを活発に展開しています。これからも地域密着のきめこまやかさと行動力を持った企業姿勢で読者の信頼にお応えします。

企業の人材ニーズに幅広く対応
YDS

 IT(Information Technology:情報技術)利活用の時代、顧客の要望に応えられる専門技術スタッフの派遣などを目的に、2005年4月に会社を設立しました。
 現在は顧客にOCR(光学式文字読み取り装置)スタッフ、SE(システムエンジニア)スタッフ、営業アシスタントスタッフなどを派遣。これからも幅広い対応ができるよう努めていきます。


山新メディアサポート

 2006年3月31日に設立された、山新グループで一番新しい会社です。山形新聞・山形放送の新社屋である山形メディアタワーと県内各支社のビル管理や、車両管理、事務部門の業務を行っています。受付や守衛室で来客を案内したり、ビルの空調管理や電話交換など、真新しいメディアタワーで大勢の社員の仕事を支えています。

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から