名脚本家・山田太一さん死去 ドラマ「ふぞろいの林檎たち」

12/1 11:01
 山田太一さん

 「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」など数多くの名作ドラマを手がけた脚本家の山田太一(やまだ・たいち、本名石坂太一=いしざか・たいち)さんが11月29日、老衰のため川崎市の施設で死去した。89歳。東京都出身。葬儀は家族で行う。喪主は長男の石坂拓郎(いしざか・たくろう)氏。

 早稲田大卒業後、1958年に松竹大船撮影所に入り、木下恵介監督の助監督を経て、65年に独立。72年のNHK連続テレビ小説「藍より青く」が高く評価された。

 70年代、鶴田浩二さん演じる元特攻隊員の葛藤や戦後世代との確執を描いた「男たちの旅路」や、水害でマイホームを失う中流家庭の崩壊と再生を見つめた「岸辺のアルバム」などの話題作を次々に発表。市井の人々の人生や家族模様を細やかに描く作風で、同じ脚本家の向田邦子さんや倉本聰さんらとともに、映画とは異なるテレビドラマ独自の魅力を確立し、その可能性を広げるのに大きな役割を果たした。

 80年代以降も「想い出づくり。」などの秀作を手がけ、中でも「ふぞろいの林檎たち」は人気シリーズになった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 山田太一さん
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]