みずほ会長、財界活動1カ月自粛 自ら申し出、経団連が発表

11/29 16:20
 経団連の佐藤康博副会長(みずほフィナンシャルグループ会長)

 経団連は29日、佐藤康博副会長(みずほフィナンシャルグループ〈FG〉会長)が12月1日から1カ月、財界での活動を自粛すると発表した。佐藤氏から申し出があった。システム障害が頻発したみずほ銀行と親会社のみずほFGが11月26日に金融庁から今年2度目の業務改善命令を受けたためとみられる。

 佐藤氏は副会長のほかに農業活性化委員会と中国委員会の委員長を務めている。みずほ銀とみずほFGも12月1日から1カ月、経団連での企業としての活動を自粛する。

 佐藤氏はみずほFG会長を来年4月1日に退き、同年6月下旬に取締役も退任する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 経団連の佐藤康博副会長(みずほフィナンシャルグループ会長)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]