熊本空港に「ワンピース」壁面 幅30m超、震災復興を後押し

12/4 11:13
 熊本空港に設置された「ONE PIECE(ワンピース)」の壁面パネルのお披露目式であいさつする熊本県の蒲島郁夫知事(右)=4日午前

 熊本空港の国内線ターミナルに、熊本市出身の漫画家尾田栄一郎さんが描く人気作品「ONE PIECE(ワンピース)」の壁面パネルが設置され、4日、お披露目式が開かれた。2016年4月に発生した熊本地震からの復興プロジェクトの一環で、高さ最大約6m、横幅計30m超に及ぶ。

 県は被災地域などで、主人公「ルフィ」を中心とする「麦わらの一味」の銅像をこれまでに8体建てた。パネルには麦わらの一味のイラストや銅像の写真が張られ、像の設置場所を示すマップも描かれている。

 お披露目式では「くまモン」がルフィのコスプレ姿で登場し、会場を駆け回ってパネルを紹介した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 熊本空港に設置された「ONE PIECE(ワンピース)」の壁面パネルのお披露目式であいさつする熊本県の蒲島郁夫知事(右)=4日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]