有原、無失点でメジャー初勝利 前田が初黒星、大谷は無安打

4/15 11:33
 レイズ戦に先発し、5回2/3を無失点だったレンジャーズ・有原=セントピーターズバーグ(AP=共同)

 【セントピーターズバーグ共同】米大リーグは14日、レンジャーズの有原がレイズ戦に先発し、5回2/3を3安打無失点、5三振でメジャー初勝利(1敗)を挙げた。試合は5―1だった。

 レイズの筒香は「7番・指名打者」でフル出場し、有原との2度の対戦はいずれも凡退した。

 ツインズの前田はレッドソックス戦に先発して4回1/3を投げ、7安打3失点(自責点2)で初黒星。試合はダブルヘッダー(1試合目)のため7回制で2―3。2試合目も敗れたチームは5連敗を喫した。

 エンゼルスの大谷はロイヤルズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打。チームは1―6で負けた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 レイズ戦に先発し、5回2/3を無失点だったレンジャーズ・有原=セントピーターズバーグ(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]