3回目追加接種、年内にも実施へ 8カ月以降で了承、厚労省分科会

9/17 17:24
 新型コロナウイルスのワクチン接種

 厚生労働省のワクチン分科会は17日、新型コロナワクチンの3回目の追加接種について実施を了承。接種時期は2回目から8カ月以上後を基本とし、さらに情報を集めて検討する。厚労省は年内実施も視野に、対象者や接種体制について議論を進める方針。

 分科会のメンバーらは国内外の感染動向やワクチン効果の持続期間などを踏まえて「追加接種の必要がある」との認識で一致した。使用するワクチンは、1、2回目に用いたワクチンと同じ製品を用いることを基本とし、引き続き議論する。

 異なる種類を用いる「交差接種」は1回目と2回目を同一としつつも、一定の要件で実施できるよう規則を改正する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 新型コロナウイルスのワクチン接種
 厚生労働省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]