マイナ保険証、負担軽く 従来のものは費用引き上げ

8/8 20:48
 健康保険証とマイナンバーカードを一体化させた「マイナ保険証」を利用するための読み取り機=21年10月、東京・虎の門病院

 厚生労働省は8日、健康保険証とマイナンバーカードが一体化した「マイナ保険証」を巡り、医療機関での患者の窓口負担を軽くする方向で検討に入った。治療の対価として支払う現在の診療報酬加算を引き下げる。代わりに、従来の保険証を使う他の患者の費用を引き上げる。マイナ保険証を持つ方が割安となる仕組みとする。関係者が明らかにした。

 厚労相の諮問機関、中医協で10日に議論する見通し。現在の診療報酬加算は、マイナ保険証で受診できる医療機関を増やすため4月から導入。窓口負担3割の人は初診で支払いが21円増える。マイナ保険証を使う方が負担が増える結果となり批判が相次いでいた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 健康保険証とマイナンバーカードを一体化させた「マイナ保険証」を利用するための読み取り機=21年10月、東京・虎の門病院
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]