返金放棄書面は「無効」が3件 旧統一教会巡る司法判断

12/3 16:48
 合意書などを巡る3件の司法判断

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金を巡り、教団側と信者の間で交わされた返金請求をしないとの合意書や念書を無効とする司法判断が、少なくとも3件あることが3日、全国霊感商法対策弁護士連絡会への取材で分かった。書面の存在により請求をためらう人もいるとされ、同連絡会は「こうした判断の積み重ねが、潜在的な被害の掘り起こしにつながる」と指摘している。

 合意書や念書は教団がコンプライアンス徹底を宣言した09年ごろから作成されるようになり、献金返還の裁判が減った一因とされる。この問題を巡っては、岸田文雄首相が昨年国会で「作成自体が勧誘の違法性を基礎づける要素となる」と述べている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 合意書などを巡る3件の司法判断
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]