河口で漁船転覆、2人死亡 宮崎・大淀川、6人乗り

12/6 22:07
 転覆した船を調べる消防隊員ら=6日午後4時21分、宮崎市

 6日午後3時5分ごろ、宮崎市の大淀川河口付近で漁船が転覆したと118番があった。乗っていた男性6人は全員水中に転落し、救助後病院に搬送されたが、いずれも宮崎市に住む船長橋口孝二さん(55)と池田靖さん(64)の死亡が確認された。残る35〜62歳の4人は命に別条はない。

 宮崎海上保安部によると、船は「汽船五六丸」(3・9トン)で、釣り人を乗せる遊漁船を兼ねており、池田さんら5人は釣り客だった。

 現場は宮崎港の近く。「河口の沖合から港へ入ろうと進路を変えた際、後方から波を受けて転覆した」との目撃情報があり、宮崎海保が事故の詳しい状況を調べている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 転覆した船を調べる消防隊員ら=6日午後4時21分、宮崎市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]