三幸製菓が遺族宅を訪問 6人死亡火災で謝罪、説明

5/27 20:53
 三幸製菓社員の訪問後、取材に応じる伊藤美代子さんの遺族=27日午後、新潟県胎内市

 新潟県村上市で2月に6人が死亡した米菓大手「三幸製菓」(新潟市北区)の工場火災で、同社社員が27日、遺族宅を訪問した。謝罪をした上で、4月の説明会で求められていた質問に対し「現時点で、当局や専門家より火災当日、避難経路の問題の指摘はない」などと回答した。

 遺族によると、亡くなったアルバイトの女性4人が手前で発見された防火シャッターの位置に問題はなかったのかという質問に、社員は「建築基準法上問題はなかった」と回答。火災時にシャッターが下りることを知っていた従業員の数を尋ねられると、「実際、知らないという社員もいた」と答えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 三幸製菓社員の訪問後、取材に応じる伊藤美代子さんの遺族=27日午後、新潟県胎内市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]