雷伴う激しい雨の恐れ 北日本、土砂災害に警戒

6/28 07:45
 気象庁=東京都港区

 気象庁は28日、北日本で雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害への厳重な警戒を呼びかけた。29日にかけ、低い土地の浸水や河川の増水・氾濫に注意も必要としている。

 気象庁によると、日本付近の上空約6千メートル付近には、氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいる。また、北日本から東日本には、日本の南にある高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込み、大気が不安定になっている所がある。低気圧から延びる前線は28日に北日本を通過し、29日には前線上の低気圧が北海道を通過する見込み。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 気象庁=東京都港区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]