強制不妊で6人追加提訴 「違憲」と国に賠償請求

9/26 14:14
 旧優生保護法下での強制不妊手術を巡り、提訴のため名古屋地裁に向かう原告支援者ら=26日午後

 旧優生保護法(1948〜96年)下で不妊手術を強いられたのは個人の尊厳の侵害で憲法違反だとして、障害者ら6人が26日、国に損害賠償を求め、仙台、東京、名古屋の各地裁に一斉に追加提訴した。旧法訴訟で名古屋地裁での提訴は初めて。

 旧法訴訟では今年、大阪、東京の各高裁が国に最大1500万円の賠償を命じた。高裁判決後の提訴は初めて。

 提訴後に仙台市で記者会見した全国被害弁護団の新里宏二共同代表は「戦後最大の人権侵害だ。提訴を踏まえ、被害救済を加速させたい」と述べた。

 弁護団によると、請求額は1人当たり3300万〜1320万円。。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 旧優生保護法下での強制不妊手術を巡り、提訴のため名古屋地裁に向かう原告支援者ら=26日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]