「影響理解しているのか」 細田議長対応、弁護士が批判

9/29 18:13

 細田博之衆院議長がこれまで指摘されてきた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点を認めたことに対し、教団の問題に取り組む弁護士からは「信者や家族に与えた影響の重さを理解しているのか」と批判の声が上がった。

 立憲民主党などの野党が29日に開いたヒアリングに出席した、全国霊感商法対策弁護士連絡会の木村壮弁護士は「有力な政治家が関連団体の会合に出席し、活動をたたえることの影響を考えていただきたい」と強調。阿部克臣弁護士は、細田氏の対応が不十分との認識を示した上で「過去の関わりはきちんと説明し、今後の関係を断つことが重要だ」と指摘した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]