宮台さんの予定調べ襲撃か 毎週火曜だけ大学で講義

12/1 17:49

 東京都八王子市の東京都立大南大沢キャンパスで、男に首などを切られて重傷を負った教授で社会学者の宮台真司さん(63)は、毎週火曜日だけ大学で講義をしていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。事件の起きた11月29日は火曜日で、警視庁捜査1課は、男が宮台さんの予定を調べて計画的に襲った可能性もあるとみている。

 捜査関係者によると、講義の時間や教室は大学のホームページで公開されていた。宮台さんは夕方に講義を終えて帰宅しようと建物から出て一人になったところを突然切り付けられた。現場は人通りが少ないという。

 全身に切り傷を負い、両腕には防御創が多数あった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]