「差別禁止の法律・条例を」 京都ウトロ放火から学ぶ

12/3 18:07
 講演する「ウトロ平和祈念館」の金秀煥副館長=3日午後、広島市

 広島市に差別禁止条例制定を求める市民団体のネットワークが3日、市内で集会を開いた。京都府宇治市の「ウトロ平和祈念館」の金秀煥副館長が講演し「ヘイトスピーチやヘイトクライムに対し、被害者が身を切り声を上げなければいけない現状がある」と、差別を禁止する法律や条例などの制度が必要だと訴えた。

 在日コリアンが多く住む宇治市のウトロ地区では2021年、住宅への放火事件が発生。逮捕された青年は差別が動機だったと話した。金氏は拘置所で青年と面会。「青年は生きづらさを抱え、ネットで見つけたヘイトスピーチに自身の正当性を見いだしていた。誰が加害者になってもおかしくなかった」と感じたという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 講演する「ウトロ平和祈念館」の金秀煥副館長=3日午後、広島市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]