天台宗、性加害で聞き取り調査 被害尼僧「住職の処分を」

3/4 19:04
 記者会見で涙ぐむ尼僧の叡敦さん=4日午後、大津市

 四国地方の天台宗の寺で、14年間にわたり住職から性暴力を受けたと被害を公表した50代尼僧の叡敦さんが4日、天台宗による聞き取り調査を受けたと明らかにした。大津市内で記者会見を開き「壊れたカセットテープのように、受けた暴言が頭の中を回っている。処分をお願いしたい」と訴えた。

 叡敦さん代理人の佐藤倫子弁護士によると、天台宗の担当者が約2時間、聞き取りした。佐藤弁護士は会見で「懲戒にとどまらず、第三者委員会設置と公正公平な調査を求める」と述べた。

 叡敦さんらによると、2009年に住み込み始めた寺で、住職から「逆らうと地獄に落ちる」などと脅され、日常的に性行為を強いられたという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見で涙ぐむ尼僧の叡敦さん=4日午後、大津市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]