今冬の暖かさ「異常気象」 気象庁検討会、エルニーニョ影響

3/4 19:46
 2月、雪が少ない山形県最上町の赤倉温泉スキー場(同スキー場のフェイスブックから)

 専門家でつくる気象庁の異常気象分析検討会は4日、過去2番目に暖かかった今冬(昨年12月〜今年2月)について、地球温暖化に加え、南米ペルー沖の海面水温が上がるエルニーニョ現象の影響で偏西風が北寄りを流れたことが要因とする分析結果をまとめた。会長の中村尚東大教授(気候力学)は「かなり異常な状態だったと言って差し支えない」と述べた。

 気象庁によると、平均気温は、平年値を1・27度上回り、1898年の統計開始から2番目に高かった。地点別でも、全国153地点のうち31地点が過去最高を記録した。

 検討会の分析では、偏西風が日本付近で北に蛇行する傾向にあり、暖かい空気に覆われやすかった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2月、雪が少ない山形県最上町の赤倉温泉スキー場(同スキー場のフェイスブックから)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]