二階氏、春の衆院解散に否定的 「少し落ち着いてから」

4/15 13:30
 衆院本会議で麻生財務相(右)と話す二階自民党幹事長=15日午後

 自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、春の衆院解散に否定的な考えを示した。4月の解散は困難かと問われ「そうだ。菅義偉首相の決断次第だが、今すぐというより少し落ち着いてからが良い」と語った。10月の衆院議員任期満了間際の追い込まれ解散については「そうならないうちにやるのが良いのかもしれないが、首相の胸三寸だ」と述べるにとどめた。

 公明党が重視する7月の東京都議選と、次期衆院選を同日実施する可能性に関し「公明党と相談していつにするというより、政局全体を見ていつが良いか首相が決断する」と指摘した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 衆院本会議で麻生財務相(右)と話す二階自民党幹事長=15日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]