安倍派パーティー自粛表明 茂木派も、資金還流問題で

12/7 12:46
 自民党安倍派の会合であいさつする塩谷立氏(左から2人目)=7日午後、東京・永田町の党本部

 自民党安倍派(清和政策研究会)の塩谷立座長は7日の派閥会合で、同派パーティーで政治資金のキックバック(還流)があったとされる問題を巡り、岸田文雄首相の指示に従い、当面派閥パーティーを自粛する考えを表明した。茂木敏充幹事長も茂木派会合で「首相方針に沿って対応していきたい」と述べた。

 塩谷氏は、パーティー収入過少記載を刑事告発されていることに触れ「事実関係を慎重に確認し、適切に対応していく。問題点が明らかになれば再発防止策を検討する」と語った。茂木氏は「茂木派ではパーティーの収入、支出を全て記載している。政治資金規正法にのっとった適正な対応を取っている」とした。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 自民党安倍派の会合であいさつする塩谷立氏(左から2人目)=7日午後、東京・永田町の党本部
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]