松野官房長官に与野党から辞任論 裏金問題、説明回避と批判

12/8 22:07
 衆院予算委で、自身の政治資金還流問題について答弁に立つ松野官房長官。左は岸田首相=8日午前

 自民党安倍派(清和政策研究会)の政治資金パーティーの裏金問題を巡り、与野党から8日、松野博一官房長官の辞任論が浮上した。松野氏は衆院、参院の予算委員会で、松野氏側に1千万円超の還流があったとされる疑惑に関する説明を回避し続けた。野党は批判し、事実関係の説明や辞任を要求。与党にも辞任は避けられないとの見方が出た。岸田文雄首相は松野氏の更迭を否定した。

 疑惑を巡り、首相は衆院予算委員会で松野氏の進退を問われ「政府のスポークスマンとしてしっかりと発信してもらう」と更迭を否定した。自民の高木毅国対委員長側、世耕弘成参院幹事長側にも1千万円超が還流されたとみられることに関し、記者団に「報道を見ていないので答える材料がない」とだけ述べた。

 安倍派では最近5年間で1億円超が裏金になったとみられている。松野氏は衆参の予算委員会で「私の政治団体についても精査し、適切に対応したい」との答弁を繰り返した。

 午前、午後の記者会見でも、安倍派の裏金疑惑には「派閥で事実確認している最中だ」と同じ言い方を重ねた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 衆院予算委で、自身の政治資金還流問題について答弁に立つ松野官房長官。左は岸田首相=8日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]