「薬価」1%引き下げを検討 診療報酬改定、賃上げで加算も

12/8 21:13
 厚生労働省が入る中央合同庁舎

 厚生労働省は、医療機関の収入となる診療報酬の24年度改定で、医薬品などの公定価格に相当する「薬価」を市場取引価格に近づくよう1・0%程度引き下げる方向で検討に入った。薬価を含む医療費に投入している国費1千億円程度を抑制できる見通し。看護補助者ら医療従事者の賃上げを実施した医療機関に対し、報酬を加算する仕組みの導入を検討していることも分かった。関係者が8日明らかにした。

 診療報酬は薬価部分と、医師や医療従事者らの人件費に当たる「本体」部分があり、月内の予算編成で改定率を決める。

 厚労省が調査した医薬品の取引価格(23年)などに基づき、薬価を1%程度引き下げた場合、医療費4千億円程度が抑制され、医療費の約4分の1に当たる国費1千億円程度が圧縮される見通し。

 賃上げの加算は、実績に応じて報酬を増やす仕組みを検討。給与水準が低い看護補助者が主な対象になる。厚労、財務両省が対象職種や加算金額を協議する。厚労省の審議会部会は8日、診療報酬改定の基本方針をまとめ、物価高騰や賃上げへの対応を盛り込んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 厚生労働省が入る中央合同庁舎
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]