状態気がかりなバレンシア 第10日見どころ

11/28 17:47
 オランダ―エクアドル 前半、競り合うエクアドルのバレンシア(左)とオランダのティンバー=25日、ドーハ(共同)

 ▽エクアドル―セネガル(日本時間30日午前0時・ドーハ)エクアドルは勝つか引き分ければ1次リーグ通過が決まる。2試合連続ゴールのFWバレンシアは右膝の状態が気がかり。セネガルは勝てば突破する。ディエディウらの決定力が鍵。

 ▽オランダ―カタール(日本時間30日午前0時・アルホル)オランダはボール保持に苦労している。F・デヨングを中心にパス回しを改善する必要がある。敗退が決まっている開催国カタールはエースのアリへつなぎ、意地を見せたい。

 ▽ウェールズ―イングランド(日本時間30日午前4時・アルラヤン)イングランドは技巧派のフォーデンやグリーリッシュが攻撃を活性化できるか。ウェールズの突破は勝利が必要条件。ムーアの高さを生かして好機をつくりたい。

 ▽イラン―米国(日本時間30日午前4時・ドーハ)イランはアズムンらにいい形で配球する堅守速攻を発揮し、初の決勝トーナメント進出なるか。米国は突破に勝利が必須。ウェアらのドリブルだけでなく、中盤も連動して攻略したい。(共同)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 オランダ―エクアドル 前半、競り合うエクアドルのバレンシア(左)とオランダのティンバー=25日、ドーハ(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]