坂本花織、初Vに「成長した」 フィギュアGPファイナル

12/10 18:17
 エキシビションで演技する坂本花織=北京(共同)

 【北京共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場した日本勢が閉幕から一夜明けた10日、北京で取材に応じ、出場3度目で女子初制覇の坂本花織(シスメックス)は「目標達成して、めちゃくちゃうれしい。成長したなと思えた」と実感を込めた。3連覇が懸かる次戦の全日本選手権(21日開幕・長野)へ「最大限やりたい」と意気込んだ。

 男子2位で2連覇を逃した宇野昌磨(トヨタ自動車)は、約17点差で圧勝したイリア・マリニン(米国)を「今後1強になることは間違いない」と認めつつ「追いかける立場になったつもりはない」と世界選手権2連覇中の自負をのぞかせた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 エキシビションで演技する坂本花織=北京(共同)
 フィギュアスケートのGPファイナル女子の優勝から一夜明け、笑顔で撮影に応じる坂本花織=10日、北京(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]