ウクライナ選手が小学校訪問 パラのトライアスロン代表

3/1 17:56
 沖縄県本部町の小学校を訪問し、子どもたちと交流するパラトライアスロンのウクライナ代表選手ら(右側)=1日

 スポーツ庁による国際貢献事業の一環で来日し、沖縄県本部町で合宿中のパラトライアスロンのウクライナ代表選手が1日、地元の本部小学校を訪問して子どもたちと触れ合った。

 東京パラリンピックにも出場した女子視覚障害のビタ・オレクシウクは「この(厳しい)状況を打破して、平和な世界をつくっていくことが大きな願い」と語った。

 スポーツ庁が実施する「ポストスポーツ・フォー・トゥモロー」の支援を受け、日本トライアスロン連合が日本代表合宿に招待。2月24日に来日し、今月5日まで滞在する。この日は5、6年生の約170人に競技の特徴を説明するなど、約2時間にわたり交流した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 沖縄県本部町の小学校を訪問し、子どもたちと交流するパラトライアスロンのウクライナ代表選手ら(右側)=1日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]