松村、谷田組は1勝2敗 カーリング混合ダブルス

3/1 18:31
 2次リーグ戦に出場した松村千秋(左)、谷田康真組=軽井沢アイスパーク((C)JCA/H.IDE)

 カーリングの日本混合ダブルス選手権は1日、長野県の軽井沢アイスパークで2次リーグが始まり、昨年の世界選手権銀メダルで大会2連覇を目指す松村千秋(中部電力)谷田康真組は札幌国際大に9―2で快勝したものの、中島未琴(北海道銀行)臼井槙吾(北見協会)組に6―7で敗れ、1次リーグから一部持ち越した成績が1勝2敗となった。

 SC軽井沢クが中島、臼井組に8―4、小穴桃里、青木豪(札幌国際大)組に9―4で連勝し、3戦全勝とした。6組で争う2次リーグは1位のペアが決勝に進出し、2位と3位が準決勝に回る。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2次リーグ戦に出場した松村千秋(左)、谷田康真組=軽井沢アイスパーク((C)JCA/H.IDE)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]