日本政府に留学生受け入れ要求 米大学教授ら656人署名

10/22 09:24
 要望書を提出後、記者団の取材に応じる日本国際基督教大学財団のポール・ヘイスティングス氏=21日、米ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】国際基督教大(ICU)の運営を支援する日本国際基督教大学財団(米ニューヨーク)の幹部ポール・ヘイスティングス氏は21日、日本政府に対し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う留学ビザ発給と新規入国の停止措置を解除するよう求める要望書を在ニューヨーク総領事館で山野内勘二総領事に提出した。

 要望書には、ハーバード大やプリンストン大など米名門大を含む各国の大学教授や学生ら656人が署名。ヘイスティングス氏は21日、オンラインで記者会見し「日本は先進7カ国(G7)で唯一、外国人留学生にビザを出していない」と述べ、交換留学制度の維持に危機感を示した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 要望書を提出後、記者団の取材に応じる日本国際基督教大学財団のポール・ヘイスティングス氏=21日、米ニューヨーク(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]