死刑執行、世界で579件 コロナ収束傾向で20%増

5/24 08:01
 2021年の主な国の死刑執行数

 【ロンドン共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは24日、世界の死刑に関する年次報告書を発表、2021年に日本を含む18カ国で少なくとも579件の死刑が執行されたことを確認したと明らかにした。新型コロナウイルス流行が収束傾向となり20年から20%増えたものの、10年以降では20年に次いで2番目に少ない水準。

 近年は新型コロナの影響による司法手続きの遅延などで執行数が減少傾向にあった。報告書は、流行が収まるにつれ、多くの国で「通常の状況に戻った」と分析した。21年に宣告された死刑判決の数も2052件に上り、前年比で39%の増加となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2021年の主な国の死刑執行数
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]